ORCHID GARDEN: 開花の瞬間


洋ランのカトレアの中でも夏に開花するパープラータという種類です。

開花を撮影する為にはその植物のおよその知識が無いとうまくいきません。
特に洋蘭のように開花に数日かかる場合は設定もその期間問題ないように行う必要がありここを失敗すると途中で撮影が止まってしまいます。
同じく、温度調整や水分の供給も正しく行わないと開花そのものが止まる事もあります。
また開花する向き(方向)の予測がとても困難でライティングが強いとその影響で真逆に向いたこともありました。
これは何度も撮影し、現在ではカメラを数台セットして微妙にアングルを変える事で失敗を防ぐなどしています。
また良く見ると開花しながら時々上下左右に花を振る事でスペースの空きを確認したり、スペースが無い場合は開花しながら場所を探して開いたりと、思っている以上に知能的な動きをすることに驚きます。
洋蘭は知れば知るほど怖くなるほど生き延びる為のメカニズムが満載の植物で簡単には枯れないです。
葉を全て失っても、又は根を全て失っても復活させられる機構があります。
唯一弱いのはつぼみを付けている時期でこの時に大きなダメージを受ければ助けられない事もあります。

▼これはビデオではなく1枚1枚撮影した写真で構成される為
 どのフレームも細部まで表現することができます。

に参加中です。
もし、お手数でなければ
記事が良かった時はここをクリックして下さい。
今後の記事の参考にさせていただきます。

Leave a comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中